BYODのためのノートPCの準備 Preparing Your Laptop for BYOD

武蔵野大学では、2020年度から全学生にノートPCを必携とし、BYOD(Bring Your Own Device、自分の端末をキャンパスに持ち込む)キャンパスを実現しています(通学課程のみ)。ノートPC準備の手順・確認事項は次のとおりです。

まずは、
「1 全学科共通ノートパソコン推奨仕様
「2 学科別ノートパソコン推奨仕様
の両方を確認してください。

準備しなければならないノートPCのスペックが学科ごとに異なり、「1 全学科共通推奨仕様」,「2 学科別推奨仕様」の両方を充たすノートPCを用意する必要があります。


1 全学科共通ノートパソコン推奨仕様【令和4年度入学生向け】

・ウェブブラウザのGoogle Chromeがインストールされていること(インストールは自分で行うこと)

・ウェブカメラを有すること

・無線LAN(5GHz帯対応[IEEE802.11a、IEEE802.11nまたはIEEE802.11ac])を有すること

・無線LAN を自宅にて接続できること

・バッテリ駆動時間は、8時間以上を目安とすること

・キーボードを有すること

・Microsoft 365は入学後に大学のサイトライセンスにてインストール可能であるため新規購入不要です。


2 学科別ノートパソコン推奨仕様と斡旋モデル【令和4年度入学生向け】

各学科にある「標準」「高」という記載は、以下を目安としています。

性能CPU性能メモリ容量SSD容量
標準Core i5
Ryzen 5
8GB256GB
Core i7
Ryzen 7
Apple M1
16GB以上256GB
日本文学文化学科 ノートPC推奨仕様
性能OS斡旋モデルを購入する場合
標準Windows10または11Chromebook不可(A)標準モデル
グローバルコミュニケーション学科 ノートPC推奨仕様
性能OS斡旋モデルを購入する場合
標準Windows10または11Chromebook不可(A)標準モデル
日本語コミュニケーション学科 ノートPC推奨仕様
性能OS斡旋モデルを購入する場合
標準指定なしChromebook不可
HDMI端子を有すること。音出力端子を有すること。
(A)標準モデル

OSはWindowsでもmacOSでもどちらでも構いません。

グローバルビジネス学科 ノートPC推奨仕様
性能OS斡旋モデルを購入する場合
標準Windows10
または11
macOSをすでに使用している場合、買い替える必要はありません。(A)標準モデル
法律学科 ノートPC推奨仕様

性能OS斡旋モデルを購入する場合
標準指定なしInternet Explorerが使用できること(A)標準モデル
政治学科 ノートPC推奨仕様

性能OS斡旋モデルを購入する場合
標準指定なし指定はありません(A)標準モデル

経済学科 ノートPC推奨仕様

性能OS斡旋モデルを購入する場合
標準Windows10
または11
Chromebook不可(A)標準モデル

macOSをすでに使用している場合は、買い替える必要はありませんが、授業では主にWindowsを使用して説明するため、自分で対応できる自信が無い学生はWindowsPCを準備してください。

経営学科 ノートPC推奨仕様

性能OS斡旋モデルを購入する場合
標準Windows10
または11
推奨仕様は最低限求めるスペックです。
画面サイズは10.1インチではなく12インチ以上を推奨。ただし、とにかく軽量であることが良い場合、10.1インチでも構いません。
(A)標準モデル

経営学科ではWindowsパソコンを前提として授業を行います(MacbookおよびmacOS、Chrombookは不可とはしませんが、これらのパソコンに起因するトラブルには学科の授業内ではサポートできません)。

会計ガバナンス学科 ノートPC推奨仕様

性能OS斡旋モデルを購入する場合
標準指定なし指定なし(A)標準モデル
データサイエンス学科 ノートPC推奨仕様

性能OS斡旋モデルを購入する場合
macOSOSは必ずmacOSとし、Windowsなどの他のOSは不可。
メモリは必ず16GB以上
Apple M1チップ〔8コアCPU、7コアGPU(または8コア),16コアNeural Engineを搭載〕
(Ⅾ)データサイエンス学科モデル

すでにIntelのCPUの機種を有している場合は、買い替える必要はありません。

アントレプレナーシップ学科 ノートPC推奨仕様

性能OS斡旋モデルを購入する場合
標準Windows10
または11
指定なし(A)標準モデル

macOSをすでに使用している場合、買い替える必要はありません。

人間科学科 ノートPC推奨仕様

性能OS斡旋モデルを購入する場合
標準指定なし指定なし(A)標準モデル
社会福祉学科 ノートPC推奨仕様

性能OS斡旋モデルを購入する場合
標準指定なし指定なし(A)標準モデル
環境システム学科 ノートPC推奨仕様

性能OS斡旋モデルを購入する場合
標準Windows10
または11
画面サイズは12インチ以上。(A)標準モデル

macOSをすでに使用している場合、買い替える必要はありません。

数理工学科 ノートPC推奨仕様

性能OS斡旋モデルを購入する場合
Windows10
または11
OSは必ずWidows10またはWindows11とし、macOSなど他のOSは不可。
HDMI端子を有すること、USB3.0Type-A端子を有すること(注:ARMベースCPU不可)
(B)高性能モデル
建築デザイン学科 ノートPC推奨仕様

性能OS斡旋モデルを購入する場合
Windows10promacOS不可。当該年度のDell最新モデルとしてください。
3学期の授業開始までに、Adobe Creative Cloud(サブスクリプション)が別途必要となります。
(Ⅽ)建築デザイン学科モデル
教育学科 ノートPC推奨仕様

性能OS斡旋モデルを購入する場合
標準指定なし指定なし(A)標準モデル
幼児教育学科 ノートPC推奨仕様

性能OS斡旋モデルを購入する場合
標準指定なしHDMI端子を有すること。RGB端子を有すること。
変換アダプターがあれば片方でも可。
音出力端子を有すること。
(A)標準モデル
薬学科 ノートPC推奨仕様

性能OS斡旋モデルを購入する場合
標準Windows10または11指定なし(A)標準モデル
看護学科 ノートPC推奨仕様

性能OS斡旋モデルを購入する場合
標準指定なし以下のいずれかが利用可能であること。
(1)Microsoft Edge(IEモード)、
(2)Internet Explorer(2022年6月15日にサポート終了)
(A)標準モデル

副専攻(AI活用エキスパートコース)を履修希望の方は、以下のスペックを推奨します。なお、副専攻は履修希望者多数の場合、抽選となることもありますので、予めお含みおきください。

副専攻(AI活用エキスパートコース) ノートPC推奨仕様
性能OS斡旋モデルを購入する場合
指定なし指定なし(B)高性能モデル

(1)既にノートPCがあり、それを活用したい場合

各学科のノートPC推奨仕様を充たしていれば、既に持っているノートPCを活用することも可能です。

スペックを充たしているかわからない場合は、MUSICヘルプデスクのお問い合わせフォームからお問合せください。

(2)ノートPCを新たに購入する場合

「1 全学科共通ノートパソコン推奨仕様」「2 学科別ノートパソコン推奨仕様」を両方満たす機種を購入しましょう。

1 エムユービジネスサポートで斡旋モデルを購入する

エムユービジネスサポートは、武蔵野大学の出資事業会社です。
エムユービジネスサポートのWEBサイトやパンフレットを確認しましょう。

武蔵野大学斡旋ノートパソコンPC販売サイトは、下のバナーをクリックしてください。
(株式会社エムユービジネスサポート)

タイプモデル名称CPU性能メモリ容量SSD容量OS重量価格メーカー
標準モデル Core i5 8GB 256GB Windows11pro 0.919kg 約17万円 Panasonic
高性能モデル Core i7 16GB 512GB Windows11pro 0.999kg 約18万円 Panasonic
建築デザイン学科モデル Core i7 16GB 512GB Windows11pro 1.79kg 約20万円 DELL
データサイエンス学科モデル Apple M1 16GB 256GB mac OS 1.40kg 約20万円 Apple
大学斡旋ノートパソコンモデル一覧表(2021年10月22日更新)

※OSは販売時点での最新のバージョンとなります。また、斡旋モデルは2021年10月22日現在の予定仕様であり、実際の仕様は変更となります。

2 家電量販店などで推奨仕様に合うノートPCを購入する

 下の学科別仕様一覧表を印刷し、家電量販店の方に相談してみましょう。

ノートPC購入時の注意点《Microsoft Officeのソフトウェアの購入は不要です≫

武蔵野大学の学生(通学課程)は、入学後にMicrosoft 365アカウントを配付されます(入学式後のガイダンスでアカウントが配付されます)。

Microsoft 365パッケージには、Word・Excel・PowerPointなどのMicrosoft Officeが入っていて、無償で利用できますので、新たにノートPCを購入する際に、Microsoft Officeを同時に購入する必要はありません。

よくあるご質問

Q.大学で配付されるMicrosoft365は、Macbookなど、Windows以外でも利用することができますか?

A.Microsoft365は、Windowsの他にmacOS、Androidタブレット、iPadなどで利用することができます。

Q.入学までにノートPCの購入が間に合いません。どうしたら良いですか?

A.いままで使用していたパソコンで構いませんのでご持参ください。

Q.iPadやAndroidタブレットでも良いでしょうか?

A.学科推奨仕様を充たしていることと、キーボードが付属していれば使用することができます。キーボードは有線のものがおすすめです。

Q.大学のMicrosoft365はいつインストールできますか?

A.Microsoft365の利用対象者は武蔵野大学の学生等になります。Microsoft365を利用するためには、大学から配付されるメールアドレスが必要となります。
メールアドレスは入学式で配付されますので、その後、インストールすることができます。