コンピューターウイルス感染の注意と対策

コンピューターウイルスは、電子メールやインターネットの閲覧以外にもUSBメモリーなどの記憶媒体から感染する場合もあり、ウイルスのタイプによってさまざまな方法で感染します。ウイルスに感染してしまうと、内部のシステムの破壊や他のコンピューターへの感染などの活動が行われます。
ウイルスの被害を事前に防ぐためにも、日々の基本的な対策を心がけましょう。

コンピューターウイルス感染防止のための対策

コンピューターウイルスからの感染を防ぐためには、次の3点が基本的な対策です。それぞれ解説します。

対策1 ソフトウェアを最新のバージョンにする


コンピューターのOSやソフトウェアは、プログラムの不具合などを引き起こす情報セキュリティ上の欠陥(脆弱性・ぜいじゃくせい=セキュリティホール)をもっている場合があり、これが原因となって、不正アクセスや、コンピューターウイルスの感染を引き起こします。

これらを防ぐためにはWindowsなどOSのアップデートし、最新バージョンを使用する必要があります。普段よりOSやソフトウェアの更新情報を確認しアップデートを行うようにしましょう。

対策2 ウイルス対策ソフトを導入し、最新のバージョンに更新する。

(1)ウイルス対策ソフトの導入

コンピューターウイルスからの攻撃や感染を防ぐ効果的な方法にウイルス対策ソフトの導入があります。
コンピューターの電源がオンであるときには常に起動した状態になり、インターネットで送受信されるデータを常に監視してコンピューター内のハードディスクや、USBメモリーへの感染を防ぐことができます。

またソフトウェアをインストールする以外にも、インターネットのプロバイダーなどのウイルス対策サービスなどの利用する方法もあります。パソコンの使用内容に合わせて、ソフトやサービスを利用してください。

(2)ウイルス対策ソフトを最新のバージョンに更新する。

ウイルス対策ソフトは、これまでに発見されたコンピューターウイルスを見つけるウイルス検知用データからコンピューターウイルスを見つけます。

このため、このウイルス検知用データを常に最新のものに更新しておかなければなりません。通常、自動的にダウンロードされますが、契約期間が切れて、ウイルス検知用データ更新できなくなってしまう場合があります。

契約期間が切れた場合は、速やかに更新の手続きをしましょう。

対策3 怪しいホームページやメールに注意する

ウイルスは悪意のあるホームページや、迷惑メールに添付して配布される特性があります。

普段より不審なメールの添付ファイルやリンクなどはむやみに開かない悪意のあると思われるホームページにはアクセスをしない、といった対策を心がけましょう。

記憶媒体からの感染経路(USBメモリー)

さまざまな記憶媒体でもっとも多く使用されているひとつにUSBメモリーがあります。

多くのコンピューターではUSBメモリーを差し込んだだけで自動的にプログラムが実行されるようになっています。この仕組みを悪用したコンピューターウイルスが存在し、感染したコンピューターから後に差し込んだ別のUSBメモリーが感染してしまい、被害を拡大させる場合もあります。

学内のメディア教室や複合機でUSBを使用する場合は、必ずウイルス対策ソフトでコンピューターウイルスに感染していないのを確認して使用するようにしてください。

参考資料

総務省にはインターネットを安心して利用をするための情報サイトがあります。
多くの事項と詳細についてはこちらもご覧ください。
総務省「安心してインターネットを使うために 国民のための情報セキュリティサイト」