Excelの資料をPDF形式にする方法

Excelで作成した資料などをPDFにするには、次の2通りの方法がありどちらの方法で行っても可能です。
方法1 [エクスポート]メニューを使う
方法2 [印刷]メニューを使う
それぞれの方法を解説します。

方法1.[エクスポート]メニューを使う方法

(※このページではWindows版で説明します。

手順1 [ファイル]から[エクスポート]をクリックする。

手順2 [PDF/XPS ドキュメントの作成]をクリック

手順3 ファイルを保存する。

ファイル名を変える場合は、[ファイル名] ボックスにファイル名を入力し、[発行]をクリックしてください。

Excelの資料がPDFとして立ち上がります。内容を確認してよろしければPDF化は終了です。

方法2.[印刷]メニューを使う方法

手順1 [ファイル]を選択しクリックする。

手順2 [印刷]をクリックする。

手順3 [プリンター]をクリックし、Microsoft Print to PDF を選択する。

手順4 [印刷]のアイコンをクリックする。

手順5 「印刷結果を名前を付けて保存」でファイル名を入力し[保存]をクリックする

保存先にPDF化したファイルのアイコンをクリックして内容を確認してください。
これで印刷機能を利用したPDFにする方法は完了です。