GoogleDriveを使ったパソコン内のデータをバックアップする方法

パソコンのデータを他のデバイスで保存(バックアップ)する方法として、外付けハードディスクドライブやUSBメモリなどを利用する方法がありますが、それらの持ち合わせがない場合や、故障などで急きょバックアップが必要な事態には、GoogleDriveへのデータの保管をお勧めいたします。

バックアップの手順

1.Googleのメインページから、右上の[Googleアプリ]を開き、次に[ドライブ]のアプリをクリックしてください。

2.ドライブの画面左側にある[+新規]をクリックしてください。そこから「ファイルをアップロードする」をクリックしてください。

3.(パソコンのファイルを)[開く]がポップアップされました。保存(バックアップ)したいファイルを選択し、「ファイル名」に入力し、[開く]をクリックしてください。

4.ドライブ内にファイルのアップロードを行います。

5.終了後、ファイルの表題をクリックしてください。バックアップを確認してみます。

6.ドキュメントの表題にバックアップしたデータの表題が記載され、内容を確認して完了です。

【補足】

フォルダーごとのバックアップの場合は、2.の項で「フォルダのアップロード」を選択し、ファイルと同様の作業でバックアップできます。