WordデータをPDFにする方法

授業の課題やレポートを作成し、先生から「課題はPDFで提出してください。」という説明を受ける場合があります。
PDFとはPortable Document Formatの略称で、電子上のファイルフォーマットのひとつです。Wordで作成したデータをPDFにする2通りの方法を説明いたします。
2通りの方法はどちらの方法を行っても可能です。

方法1.Wordの[エクスポート]から変換する方法

(1)まず、PDFに変換するWordのファイルを開いてください。左上の[ファイル]をクリックしてください。

(2)クリックすると、画面左側に[情報]の欄がでてきます。そのなかから[エクスポート]をクリックしてください。

(3)[エクスポート]の画面に切り替わりました。このなかから「PDF/XPS ドキュメントの作成」のアイコンをクリックしてください。

(4)画面上に以下の画像がポップアップされます。ファイル名を記載して、PDF化するデータの保存先を選択し、[発行]をクリックしてください。またPDF化するデータをすぐに確認したい場合は、「発行後にファイルを開く(E)」にチェックを入れておいてからクリックをしてください。

(5)クリックしますと、Wordから変換したPDFのデータが立ち上がります。表記などを確認してよろしければPDF化は終了です。

方法2.[印刷]の機能で変換する方法

 PDFへの変換方法として、パソコンの印刷機能を使用します。まずはPDFに変換するWordのファイルを開き、左上の[ファイル]をクリックしてください。

(1)クリック後、画面左側から[印刷]をクリックしてください。

(2)[印刷]をクリックし、[プリンター]をタッチすると、一覧が出てきます。
そのなかから、Microsoft Print to PDF を選択し、クリックしてください。プリンターの印刷の対象に選択されます。

(3)プリンターに Microsoft Print to PDF を選択し、「準備完了」の表示になりましたら[印刷]のマークをクリックしてください。

(4)画面に「印刷結果を名前を付けて保存」と設定のポップアップが出てきます。「ファイル名(N)」の項目にデータのファイル名を記載して、保存先を選択し、[保存]をクリックしてください。

(5)保存先にPDF化したデータのアイコンや表示がありましたら、それをクリックして内容を確認してください。
これで印刷機能からのPDF化は完了です。

【補足】
ExcelやPowerPointのファイルをPDF化する場合も、Wordと同様の手順で可能です。それぞれのファイルで[エクスポート]・[印刷]の機能でご利用ください。