Zoom待機室設定


待機室とは、参加者のミーティングルームへの入室をホストがコントロールできる機能です。

前提条件

  • Zoomのライセンスユーザーであり、以下のいずれかから使用すること。
    • Zoom デスクトップ クライアント
      • Windows: 5.4.0 以降
      • macOS: 5.4.0 以降
      • Linux: 5.4.0 以降
    • Zoom モバイルアプリ
      • Android:5.1.28652.0706 以降
      • iOS: 5.1.228642.0705 以降
  • 権限のある管理者またはアカウントオーナーとして、Zoomウェブポータルにサインインすること。
  • 待機室設定を有効化できるのは、スケジュールされているミーティングに対してのみです。

待機室の有効化

画像⇑をクリックするとジャンプします。

アカウント(組織全員に対して)

①メニューで、[アカウント管理]>[アカウント設定]の順にクリックします。

②[セキュリテイ]>[待機室]から設定を確認します。

設定が無効の場合、切り替えて有効にします。
認証ダイアログが表示されたら、[オンにする] をクリックして、変更内容を確認します。

_______________________________________

アカウントのすべてのユーザーにこの設定を必須にするには、ロックアイコンをクリックし、[ロックする] をクリックして、設定内容を確定してください。


グループ(指定のグループのメンバーに対して)

①メニューから[ユーザー管理]>[グーループ管理]の順にクリックします。

②リストで該当するグループ名をクリックしてから、[ミーティング]タブをクリックします。

③[セキュリテイ]>[待機室]から設定を確認します。

設定が無効の場合、切り替えて有効にします。
認証ダイアログが表示されたら、[オンにする] をクリックして、変更内容を確認します。

_______________________________________

注意:オプションがグレーアウトされている場合は、アカウント レベルでロックされているため、そのレベルで変更する必要があります。

グループのすべてのユーザーにこの設定を必須にするには、ロックアイコンをクリックしてから、[ロック] をクリックして、設定内容を確定してください。


ユーザー(自分の使用のため)

①メニューで[設定]をクリックします。

②[ミーティング]タブをクリックします。

③[セキュリテイ]>[待機室]から設定を確認します。

設定が無効の場合、切り替えて有効にします。
認証ダイアログが表示されたら、[オンにする] をクリックして、変更内容を確認します。

_______________________________________

注意:オプションがグレー表示されている場合は、グループまたはアカウント レベルでロックされています。 Zoom 管理者に連絡する必要があります。


使用上の制限

  • 待機室を有効にし、入室するすべての参加者を待機室に留めるよう設定すると、そのミーティングで [ ホストより前に参加する] オプションが無効になります。

詳細

詳しい内容はhttps://support.zoom.us/hc/ja/articles/115000332726-Waiting-Room#h_01ENK1GCMS567D2PKVQJZV41RZから確認ください。