Gmailの署名を作成する方法について

メールの署名とは、メール文の最後に、自分のメールアドレス、住所などの連絡先をまとめたテキストのことです。
新規作成や、返信のメッセージ末尾にフッターとして自動的に追加されます。

作成方法

1.Gmailの設定をひらく

Gmailを開きます。画面右上にある歯車マークの設定アイコンから[すべての設定を表示]をクリックしてください。

[すべての設定を表示]を開いて、 [全般]タブより [署名]を探してください。

2.署名を作成する

「新しい署名に名前を付ける」という画像がポップアップしました。名前を考えて入力してください。記入後、[作成]のボタンをクリックしてください。

[署名]セクションの名前欄を確認し、テキストに署名を作成します。

署名の作成事例です。文字のフォント・デザイン・内容等は用途に合わせて変更できます。

3.デフォルトの署名を設定する

[デフォルトの署名]欄のメールアドレスに自身のアドレス(この場合は大学アカウント)の記載を確認してください。
その下にある「新規メール用」・「返信/転送用」の記載がこの段階では「署名なし」となっています。
これから作成した署名を反映させるためにこの箇所をクリックし、名前を選択してください。

4.「変更の保存」とメールの確認をする

[署名]セクションの設定が終わりましたら、[設定」画面を下までスクロールし、[変更を保存]・[キャンセル]のボタンがあります。[変更を保存]をクリックしてください。

5.メールの署名を確認してみる

署名を作成し、設定変更をおこなって完了となりますが、実際にメールにはどのように反映されているか確認してみましょう。
Gmailの画面を開いてメールの新規作成ボタン[メールを作成]をクリックしてください。テキストの末尾に署名が記載されていれば完成です。