Googleドライブのデータを他のアカウントに移動する方法

移動元データを選択してメニューから共有を選択

WEBブラウザにて、移動元データのGoogleアカウントでGoogleドライブ画面を開きます。移行したいデータを選択して右クリック、または画面右上の「共有」を選択します。

移動先アカウントのメールアドレス入力

共有先のメールアドレスを入力する画面が表示されますので、移行先のGoogleアカウントのメールアドレスを入力し、入力したら「完了」を押してください。

共有したデータのオーナーを変更

移行したいデータを共有できたら、共有先(移動先)にメールが送信されて共有情報に移行先アカウントが表示されます。共有先にオーナー変更するには、そのデータを共有先のGoogleドライブに保存する必要があります。(共有先のアカウントでの作業)

データの保存方法

データの保存方法 その1

データの種類によって保存するメニューの表示位置などが異なります。

【Googleスプレットシートの場合】

シートを開いた画面の左上にGoogleドライブに移動するアイコンが表示されます。

【Googleフォームの場合】

画面右上に移動するアイコンが表示されます。

【画像ファイルの場合】

画面右上に移動するアイコンが表示されます。ただし、画像ファイルはオーナー変更ができません。画像ファイルは共有先でコピーして共有元でオーナー変更せずに削除します。

オーナー変更が可能なファイル(譲渡できるファイル)についてはGoogleサイトに詳細が記載されています。

データの保存方法 その2

コピーをするファイルを選択し、右クリックを押すとメニューが表示されます。

メニュー内の「指定の場所へ移動」を選択し、更に移動先のフォルダーを指定することでファイルをコピーすることができます。

移動元のアカウントを共有情報から削除

この画面のままオーナーが変更されたのを確認したら、アクセスできるユーザー一覧から移動元アカウントを削除します。

移動元アカウント表示右の「x」をクリックして削除します。これでデータ移行は完了です。

参考)Googleサイトの移行

Googleサイトもオーナー変更が可能です。他のファイルと同様、移行元のGoogleドライブにあるGoogleサイトのデータを共有します。このデータも共有先(移行先)のGoogleドライブに保存するのですが、他のファイルなどとメニューが異なります。

1.「サイトのコピーを作成」

画面右上のメニューから「サイトのコピーを作成」をします。すると同じGoogleサイト編集画面のURLを使って、共有先のGoogleドライブにデータが作成されます。

2.「オーナー変更」

再び、先程共有した移動元データを選択して右クリックするか、画面右上の「共有」を選択します。そして詳細設定の画面を表示します。(共有元のアカウントでの作業)

「アクセスできるユーザー」欄に移行先アカウントが表示されます。この移行先アカウントをオーナーに変更します。一覧表示の右にある変更メニューからオーナーを選択します。移行先アカウントがオーナーになると移行元アカウントは編集者に切り替わります。

3.「再公開」

オーナー変更をしたあと公開が一時停止されるので、新しいオーナーで必ず公開します。