(13)言語設定(Windows)の方法について

ファイルをダウンロードした際に、ファイル名が文字化けするという現象が発生する場合があります。

例)以下のようにファイルを開くと、ファイルのタイトル(日本語だけ)が文字化けしています。


文字化けの原因

文字化けは文字コードの不一致で起こります。
日本語では主に「Shift-JIS(シフトジス)」と「Unicode ※( UTF-8/ユーティーエフハチ) 」が使用されており、 アプリケーションや端末により使い分けられています。

OSでは、WindowsとMacです。Windowsでは Shift-JIS、Macでは UTF-8 が使われています。 文字コードの違うOS間でデータのやり取りをすると文字化けを引き起こすことがあります。

解決方法

Windows版Teamsを利用していてファイル名が文字化けする場合は、ワールドワイド言語サポートでUnicode UTF-8を使用にチェックを入れて、Windowsのシステムロケールを「Shift-JIS」から「UTF-8」に変更することで改善されるケースがあります。

一方、圧縮ファイル(ZIPファイル)をダウンロードした際に、チェックを外せば改善されます。

操作手順

システムロケールの「設定」→「ワールドワイド言語サポートでUnicode UTF-8 を使用「( U )」というチェックボックスを入れる/外すの設定で解決できます。

「①設定 (Settings)」→ 「②時間と言語 (Time & Language)」→ 「③言語 (Language)」→ 「④管理言語設定 (Administrative Language Settings)」→ 「⑤管理タブ (Administrative)」

①設定 (Settings)

Windowsのシステムロケールを「Shift-JIS」から「UTF-8」に変更するには、Windowsメニューから歯車アイコンを選択し時刻と言語をクリックしてください。

②時間と言語 (Time & Language)

左のメニューから言語をクリックします。

③言語 (Language)

右のメニューから管理用の言語の設定をクリックします。

④管理言語設定 (Administrative Language Settings)

地域を開かれて管理タブに切り替えたらシステム ロケールの変更をクリックします。

⑤管理タブ (Administrative)

地域設定のベータ:ワールドワイド言語サポートでUnicode UTF-8を使用にチェックを入れて(外して)OKを押し、今すぐ再起動を押せばPCが再起動されて、Windowsのシステムロケールが「Shift-JIS」から「UTF-8」に切り替わります。

よくある質問