(9)Webブラウザーの種類


対応するブラウザー

Webブラウザーを閲覧するためにはそれぞれのオペレーティングシステム(OS)に対応したWebブラウザーを利用する必要があります。以下に主なWebブラウザーについて説明します。

Google Chrome

Google社が開発したこのWebブラウザーは、使いやすさや高速性が特徴です。また、豊富なアプリやテーマ、拡張機能が提供されています。

詳細:公式サイトhttps://www.google.co.jp/intl/ja/chrome/browser/welcomeback.html
[対応OS] Windows OS / macOS / Andoroid OS / iOS  / Linux


Firefox

Firefoxは、Mozilla社が提供するWebブラウザーです。
アップデートのサイクルが早く、新しい技術や機能を試すことができます。さらに、多様なテーマや拡張機能が利用できます。

詳細:公式サイトhttps://www.mozilla.org/ja/firefox/
[対応OS] Windows OS / macOS / Andoroid OS / iOS  / Linux


Microsoft Edge

Microsoft Edgeは、Internet Explorerの後継として開発提供されるWebブラウザーです。
他のブラウザーとの互換性があり、さまざまなOSで利用することができます。

詳細:公式サイトhttps://www.microsoft.com/ja-jp/edge
[対応OS] Windows OS / macOS / Android OS / iOS / Linux


Internet Explorer

Internet Explorerは 2022月6月15日にサポートが終了しました。
そのため、安全かつ最新の機能を利用するためには、Microsoft Edgeなどの代替Webブラウザーを使用することを推奨します。

参考サイト
既定のWEBブラウザーをEdge Chromium版に切り替える方法
EdgeのIEモード利用方法

注意
古いバージョンのものを使用していると、正しくWebサイトが表示されないことがあります。
[対応OS] Windows OS(Windows7、8.1、10)


Safari

Appleが開発提供しており、高速ブラウジングやバッテリーの持ちが良いことで知られています。
ただし、SafariはApple製デバイス専用のため、他のデバイスでは利用できません。
また、一部のGoogleやMicrosoft製コンテンツが正常に表示されない場合があります。

詳細:https://www.apple.com/jp/safari/
[対応OS] macOS / iOS

よくある質問