(8)Windows11を使う際の注意事項

2021年10月にWindows 11がリリースされました。Windows11にアップデートした時のトラブルと改善方法をまとめましたので、ご確認ください。

Windows11利用時の注意点

1.ローカルアカウントに切り替えて使用してください。

Windows11を初期設定する際は、パソコンの初期設定のページを参考に、Windowsアカウントを作成しない方法で初期化を行ってください。

すでに、Windowsアカウントを作成して初期設定を行っている場合は、Microsoftアカウントをローカルアカウントに切り替える方法を参考に、ローカルアカウントに切り替えてください。

2.動作が重くなる。 

Window11は、Windows10に比べ多くの処理が必要なため、動作が重くなる場合があります。その場合は、使っていないソフトウェアを終了させる、メモリーを増設するなどで改善します。

こちらも合わせて参照ください。

3.ハードウェアが認識されない。

Windows11にアップデートした場合、ネットワークカードや、マイクなどが認識できなくなる場合があります。

その場合は、メーカーのホームページから最新のドライバをダウンロードしたり、メーカーのテクニカルサポートを受けることで改善します。

4.アプリケーションがインストールできない。

アプリケーションのインストールをする際、Microsoft Store以外のインストールを制限している場合があります。その場合は、インターネットからダウンロードしたアプリケーションをインストールできないので制限を解除する必要があります。
アプリの推奨事項の設定を変更を参考に、設定を変更してください。

よくある質問