<増補版> 刻された書と石の記憶



廣瀬裕之[著]
価格:本体2500円+税
A5判 272ページ 並製
ISBN 978-4-903281-49-0 C0025

東京都武蔵野市の「国木田独歩詩碑」「国木田独歩文学碑」「松本訓導殉難碑」「桜樹接種碑」について、「書」と「刻」と「石」を読み解く(2012年発売された本の増補版)。

アマゾンで購入

【目次】
第一章 国木田独歩・三鷹駅北口詩碑考
第二章 国木田独歩・桜橋畔文学碑考
第三章 松本訓導殉難碑考
第四章 桜樹接種碑考

【著者紹介】
1959年生。東京学芸大学教育学部書道科卒業。同専攻科修了専門は、書写書道教育、書道、書道史の研究。武蔵野大学教授、全国大学書写書道教育学会副理事長、全日本書写書道教育研究会副理事長、西東京市文化財保護審議会委員、毎日書道展審査会員、書道芸術院展常任総務。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る