正しい電源のシャットダウン方法

「シャットダウン」とは、パソコンのシステム(WindowsなどのOS)を終了させ、電源をOFFの状態にすることです。この「シャットダウン」を行うことで作業中のファイルを保存したり、メモリ内容をハードディスクに避難させ、ネットワークや周辺機器の切断処理などをおこなってから電源がOFFになります。

一般的な家電製品や携帯電話は、電源ボタンを押すことで電源をOFFにしますが、パソコンはこの「シャットダウン」をすることで、電源をOFFにします。パソコンが万が一の場合、電源ボタンを長押しすることで、強制的に電源をOFFにすることもできますが、これはシステムファイルの破損や、ハードウエアの故障などの原因となりますので、正しい操作で電源をOFFにしましょう。

完全シャットダウンの方法(Windows 11 の場合)

1.「スタート」ボタン→ 2.電源マーク→ 3.「シャットダウン」の順にクリックします。これで電源はオフとなります。

常に完全シャットダウンの方法

OSがwindows 8 以降のパソコンには、通常のシャットダウンと完全シャットダウンとの2種類のシャットダウンが存在します。パソコンや周辺機器の動作が不安定な場合、完全なシャットダウンを行うことで症状が改善することがあります。一部のシステム情報を読み込みなおすため完全にWindows 11を終了します。ゆえに通常のシャットダウンに比べると次回の起動が若干遅くなります。

1.エクスプローラーを表示し、左上の[]の マークをクリックしてデスクトップの表示にします。 次に[コントロールパネル] をクリックしてください。

2.次に[ハードウェアとサウンド]をクリックしてください。

3.電源オプションの[電源ボタンの動作の変更]をクリックしてください。

4.[電源ボタンの定義とパスワード保護の有効化]の「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックしてください。

5.次に[シャットダウン設定]から「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックボックスからチェック をはずしてください。はずしましたら[変更の保存]をクリックしてください。

これで完全シャットダウンの完了となります。
(注意:起動に若干の時間を要する場合があります。)